更新が遅くなりましたが、

5月末、1週間程ロンドンへ行ってきました。

 

 

 

戻ってきた。

懐かしい。

 

 

 

 

感じたことを先に言うと、

 

やっぱりロンドンは、

とっても大きい。

 

 

刺激に溢れている

 

街がきちんとデザインされている。

 

デザインのクオリティの標準が高い。

 

サインやパッケージ、店舗デザインなど。

 

 

 

 

 

 

ただいま、ロンドン。

 

 

 

 

 

久々のTUBE(地下鉄)。

相変わらずのおもちゃ感がかわいい。

 

 

 

と、駅のサイン。

 

 

 

 

空間が本当にかっこいい。

 

 

 

 

 

通っていた語学学校にも遊びに行ってきました。

先生達や友達と久々に会えてとても嬉しい。

 

 

 

みんなロンドンで働いたり結婚したり、

たった半年くらいで色々変わっていた。

 

元気そうで何より。

 

 


同じ宇美町出身のあおいちゃんが

アイルランドに留学していて、

今回、ついにロンドンで落ち合うという、

最高の旅でもあった。

 

 

ロンドンの素敵な所を、

一緒に回れて本当に幸せだった。

 

 

 

会いたい人ほとんどに会えた。

 

 

 

 

雑貨屋さんの地下にあるカフェ。

イギリスの古いキッチンみたいな雰囲気が素敵。

 

 

 

 

 

船に乗っているお客さんたちが

一斉にあおいちゃんに手を降るの図。

 

 

相当面白かった。

 

 

 

 

ロンドンから離れてカンタベリーにも

行ってきました。

 

雰囲気が素敵な道の駅。

 

留学したばっかりの頃、

恩人ぴろしくんを訪ねて行ったけど

また訪れるとは思わなかった。

 

 

 

すっごく小さかったけど、

活版のマーケットがあったので

カンタベリー近くの海辺の街へ。

 

 

 

 

船もおもちゃのような色合い。

 

 

 

イギリスの田舎は本当に美しい。

 

 

 

 

 

 

ロンドンでは、イアンの工房にも遊びに行って、

活版の始まりの時の印刷を見せてもらったり、

いろんな作品を見せてもらったり。

 

 

本当に美しかった。

工房は相変わらず、

とてもワクワクする。

 

 

 

行く前は何がしたいのか

悩んで悩んで悩みまくっていたけど、

 

 

たくさんのヒントがありました。

やっと抜け出せたかな。

 

 

やっぱり、人の手で作られたものには

美しさやこだわり、パワーを強く感じる。

そして、何より暖かい。

 

 

感じ方は人それぞれだけど、

私は今回改めて、そう感じた。

 

 

 

 

 

 

犬を飼い始めたスティーブンと

散歩をさせたいイアン。

あたふた。

 

 

 

 

 

ロンドンでいろんな人と話して、

たくさんの良いものを見て、

刺激を受けて、

 

 

本当にこのタイミングで行けてよかった。

 

なるようになってるんだなぁ。

 

 

8273